ビクラムヨガロゴ

世界1,500以上のスタジオで共通のスタイル、セレブにも愛されるホットヨガの元祖。
室温40℃、湿度40%以上。インドの環境を再現したホットスタジオ:ビクラムヨガ(BikramYoga)

ビクラムヨガとは

「あたたかい環境でヨガを行う」というカタチそのものを創りだした、ホットヨガの元祖「BIKRAM YOGA」。
約半世紀にわたる歩みのなか、その絶大な効果に、世界中のセレブやハリウッドスターたちが虜となり、現在では、世界中に1,500以上のスタジオを展開する「世界で最も多くの人が通うヨガスタジオ」として愛されています。

ビクラムヨガは、創始者ビクラム・チョードリー氏によって創られ、その Headquarter を 米ロサンゼルスにもつ世界最大級のヨガスタジオチェーンです。
現在、世界60ヶ国にその著作権を保有し、1,500以上ものスタジオが展開されています。

ビクラム氏が初めてスタジオを設立した、1970年からはじまる約半世紀の歩みの中、ビクラムヨガは、「あたたかい環境でヨガを行う」というHOTなスタイルそのものを創りだしただけでなく、独自のメソッドを貫くことで「世界で最も多くの人が通うヨガスタジオ」とまで言われるようになりました。

1. クラスの内容
2. 心と身体に与える効果
3. 将来のために

HOTな環境以外にも、心身を変えるために構成された上記3つにまとめる様々な要素が、世界中の人々の人生を変えてしまうほどの効果を発揮させ、BIKRAM YOGA という完璧なヨガブランドを、今この瞬間も成長させ続けているのです。

著名な生徒としては、マドンナ、キャンディス・バーゲン、ブルックス・シールズ、シャーリー・マクレーンなどのハリウッド女優をはじめ、ニクソン元米国大統領や多くの有名スポーツ選手、近年ではレディ・ガガなど、多くのセレブリティもあげられます。

また、心身に対して当然のところから奇跡的とも言える様々な効果を発揮するビクラムヨガに対し、UCLA、コロンビア大学、NASA等、国家レベルの機関や研究者が着目し、科学的・医学的見地からその検証を行っています。

そしてこの日本でも、2006年に第1号店をオープンして以来、日本人だけにとどまらず、外国人観光客・在住者にも愛され続け、スタジオ数も年々拡大の一途を辿っています。

このホームページでご紹介できるのはビクラムヨガのほんの一部です。

百聞は一見にしかず。
ぜひ、世界中で愛されている BIKRAM YOGA を、貴重な国内店舗で体験し、あなたの生活習慣にとりいれてみてください。
受けたその日から感じられる、身体の内側からあふれてくるエネルギーが、明日にむかう前向きな心をつくってくれるはずです。Let' Try !!

“It’s never too late, never too bad, you’re never too old, never toos ick to start from scratch once again, to be born once again”
- by Bikram choudhury -

再びゼロからスタートする、もう一度生まれ変わるためには、遅すぎる、悪すぎる、年をとりすぎた、病気だからというのは問題ではありません。
創始者ビクラム・チョードリー

※いつでも自分の気持ちしだいで変わることができる、ということですね!

ビクラム・チョードリー写真

創始者ビクラム・チョードリー氏

Bikram Choudhury/ビクラム・チョードリー
[1946年インド・カルカッタ生まれ]

3歳の時からヨガをはじめ、様々なスポーツの大会で賞をとるが、17歳の時、ウェイトリフティングの事故で膝に怪我を負い、ヨーロッパの医師達から「二度と歩けない」と宣告されてしまう。
しかし、師匠であるゴーシュ先生のもとでヨガに励み、約6ヶ月で膝を完治させる。

その後、ゴーシュ先生の支援のもと、1970年2月、日本にヨガ・スタジオをオープン。
そこで室温をあたたかくするという全く新しいスタイルを思い付き、世に送りだした。

その後、米国ビバリーヒルズにもスタジオをオープン。
ハリウッド女優達に支持され、世界中にヨガブームを巻き起こした張本人でもある。
現在、ビクラム氏の認定を受けたスタジオは世界各国に1,500以上展開されており、世界最大のヨガスタジオチェーンとなっている。

5,000年以上にわたるヨガの歴史の中で、今なお健在な「創始者」は世界において貴重な存在となっている。
あわせて、国家的機関や科学者とも協力し、乳がん等に対するスクリーニング技術(マイクロスコープ)を開発し、多くの命を救うことにも心血を注ぐという一面もある。

ビクラム・チョードリー写真

ラジャシュリー・チョードリー先生

Rajashree Choudhury/ラジャシュリー・チョードリー
[1965年インド・カルカッタ生まれ]

4歳からヨガをはじめ、1979年~1983年の National India Yoga championshipで5回連続優勝。
ラジャシュリー先生が特に焦点をあてているのは、情緒的(感情的)側面のヨガや、ヨガがどのように人間の身体のエネルギーバランスを整えているのかということ。

また、病気への効果だけでなく、活気に満ちた健康をつくる「からだ/こころ/たましい」を繋ぐことなどである。
彼女は夫(ビクラム・チョードリー先生)を助け、10年以上アメリカでヨガを教えた後、ビクラムヨガの Teacher を育成する、素晴らしいTTC(Teacher Training Course)のプログラムを作成。

その他、今なお高く評価されている Pregnancy Yoga(妊婦のためのヨガ)クラスも行なっている。
さらには、YOGAのさらなる普及を目指すため、YOGAがオリンピックの種目として受け入れられるよう、USA Yoga Federation(米国ヨガ連盟)という非営利団体を設立し、International Yoga Asana Championship 等の開催を行なっている。
あわせて、ラジャシュリ―先生は多くの慈善活動にも関与している 。

ビクラム・チョードリー写真

ビシュヌ・ゴーシュ先生

Bishnu Ghosh/ビシュヌ・ゴーシュ

ビクラム先生の師匠。
その当時、科学的にも慢性疾患を治療し、心身を癒すヨガの効力を形にした有名な Physical Cluturist。
名高いヨギーヨガナンダの弟であり、弟子。

ビクラム・チョードリー写真

パラマハンサ・ヨガナンダ先生

Paramahansa Yogananda/パラマハンサ・ヨガナンダ

ヨガに関するもっともポピュラーで人気のある著書「あるヨギーの自叙伝」の著者。
インドを発祥とするヨガを、はじめてアメリカに伝えた。
米ロサンゼルスにある Self-Rralization Followship の創設者。