一瞬考えただけでは、ヨガとポーカーに有益な相互作用があるとは信じがたいかもしれません。

ポーカーはスキルと運が勝負を左右するゲームです。多大なプレッシャーを感じながら他のプレイヤーと対戦することも珍しくないでしょう。ヨガはその反対で、常に誰にも邪魔されることなく自分の世界に集中することにフォーカスしています。ヨガと聞いて、明るい光や何の制約のない自由を連想される方も多いかもしれません。また、ポーカーという言葉から暗い場所で窮地に追い込まれているプレイヤーの姿を思い浮かべる方も少なくはないはずです。この 2 つに一体どのような関連性があるのでしょうか?

ヨガは数多くのポーカーのエリートプレイヤーに良い影響を与えているようです。世界的に有名なポーカープレイヤーであるダニエル・ネグラヌはヨガが彼を成功に導いたと述べています。ヨガのおかげで彼は自分自身と戦略に集中できるようになり、その結果、彼の生涯獲得賞金は数千万ドルにものぼりました。

The Yoga of Poker」の著者であるアンドリュー・リヒテンベルガーもヨガを実践しているポーカープレイヤーです。この本は一般的なポーカーの本とは異なり、テクニックや用語集、ハンドランク、よく見出し部分で見られるサクセスストーリーなどは一切ありません。この 34 才の男性は 1000 万ドル以上の賞金とワールドシリーズオブポーカーブレスレットを獲得していますが、彼の出版した本のテーマはポーカーではなく、ヨガでした。ポーカーは物質的主義と切っても切り離せないゲームですが「チューイー」の愛称で親しまれている彼は世俗的な幸せを捨ててヨガを支持し、ゲームの世界を現実の世界と同じものとみなしています。多くの人はヨガを実践せずに日々の生活を送っていますが、瞑想をして自分自身のための時間を作っている人は、必ず恩恵を得ていると彼は述べています。ポーカーも同じで、1 つの価値観に固執して立ち往生するプレイヤーがほとんどですが、彼はそこから抜け出し、真の幸せの源である素晴らしい人間性に目を向けました。

ニール・ポロックは小説家兼ユーモア作家で、ポーカーにおけるヨガの重要性を認識しています。彼はアマチュアプレイヤーで、ポーカーのレベルはいまいちだと認めており、ワールドシリーズポーカーのテーブルで彼を見かけることはありません。彼は本当に負けてばかりでした。自分はどんなカードが来てもすべて台無しにしてしまう、軽はずみな決断ばかりで自分の手の内は相手にお見通しだ、といつもネガティブな思考で彼の頭の中はいっぱいでした。このような態度をヨガが変えてくれたと彼は述べています。

ポーカーとは派手で、一攫千金のチャンスがあるプレッシャーの中戦うゲームであるというイメージを持つ人が多いかもしれません。しかし、これらの特徴は商業的に強調されているだけにすぎず、実際ポーカーで成功するためには現実の生活に根付くことも重要だと言えるでしょう。ヨガのおかげでネグラヌとリヒテンベルガーのポーカーの成績が上がったのは事実です。しかし、ポロックの体験はポーカーにおけるヨガ本来の性質を明らかにしました。ヨガを実践することにより、彼は友人と出かけて楽しい時間を過ごすなど、自身にとって大切なことに集中できるようになりました。またゲーム台で $100 賭ける瞬間と、友人と数時間ほんのわずかな金額で遊ぶギャンブルの違い、スーパーボウルのゲームと友人と裏庭でボール遊びする時間の違いを認識するようになりました。ヨガのおかげでポーカーテーブルでの集中力を養ったり、緊張を解いたり、重要なこと専念したりすることができるようになるのなら、ヨガはこの昔ながらのカードゲームと間違いなく親密な関係にあると言えるでしょう。